SCSミュージカル研究所 研究生・保護者・卒業生の声

SCS /// STUDIO CHIZUKO SENDAI ///
 卒業生が語る 〜SCSで学んだこと〜
  • 渡邉寿宏(劇団四季在籍)

     僕は6歳の頃、このSCSミュージカル研究所に入所しました。入所のきっかけは、母に連れられてオーディションを受けたことでした。SCSは素晴らしい先生方に教えていただけるとても環境が整っているところだと思います。レッスンは主にストレッチ、開口訓練、発声、バーレッスン、フロアレッスンなどがあり、厳しい中にも愛情のある先生方から、レベルの高いレッスンを受けることが出来ます。 ここではダンス、歌、芝居だけでなく、舞台人としての心構え、身だしなみ、礼儀作法といった部分まで学ぶことができ、人間としても大きく成長できます。さらには舞台だけでなく、CM、ドラマ、映画などチャンスがたくさんあり、様々な経験を積むことができます。また、僕が学校のことや進路について悩んでいるときには、梶賀先生や廣瀬さんをはじめ、スタッフのみなさんが真摯に相談にのってくださいました。 そうして僕は今、劇団四季に在籍し、連日のようにミュージカルの舞台に立たせていただいています。子どもの頃から先生方に指導していただいて身に付けた技術にさらに磨きを掛け、一人でも多くのお客様の心を振るわせられるよう、なお一層精進しているところです。 少しでも「ミュージカルをやってみたい!」と思っている方は、老若男女問わず、まず体験レッスンから受けてください!舞台に向けて一生懸命稽古し、本番が無事終わったときの達成感、充実感をみなさんに味わってほしいです。 SCSは『研究所』です。なので、受け身にならず、自分自身と向き合い、考え、研究し、練習に励むところなのです。 どんな進路であろうと、SCSで学んだことは1つも無駄にはなりません。 親身になって指導してくださる先生方との出会い、そして辛い時は共に乗り越え、嬉しい時は、喜び笑いあえる最高の仲間との出会いをくれました。これからも僕の財産です。

     

研究生の声 << 研究生・保護者・卒業生の声 >> 保護者の声

お問い合わせ | プライバシーポリシー
Copyright © Studio Chizuko Sendai. All Rights Reserved.